About 正藍染

勝ち色と呼ばれたせい藍染め

阿波徳島の無形文化財に指定されている藍染め。3月の大安の日に蒔かれ、その土地で育った藍を発酵させて蒅(すくも)に育てます。鎌倉時代には、その製法から「勝ち色」として武士に愛されました。

About 松煙墨染

水墨画のような松煙墨染め

松を燃やした煤(すす)を溶かして染め上げる松煙墨染め。その昔は墨汁としても用いられ、書家などに愛されました。手作業で少しずつ皮に染め混み、自然の模様に映し出されるグラデーションは、まるで水墨画のような美しさです。